« [w]700iのライバルは900i? | Main | [w]あの関口ジュニアがまた旅に!「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」 »

2005.02.07

暗証番号いらずでキャッシュカード偽造?

ICカードの非接触スキミングですって? ええかげんなことぬかすな高木先生の日記

ラジオライフを立ち読みしたら書いてあったネタです。
銀行のキャッシュカード、今は、暗証番号は磁気ストライプには埋めておらず、銀行のコンピュータに記録されているとのこと。

暗証番号を磁気ストライプに書いていた時代のカードと、暗証番号を磁気ストライプに書いていない今のカードの、磁気ストライプを比べてみると、今のカードは暗証番号の項目は0で埋められていて、それ以外の項目が追加され、ナゾの文字列が埋まっているそうです。

で、銀行ATMでは、古いカードを通すと(いまでも)新しい磁気ストライプに書き換える機能をもっているそうです。つまり、磁気ストライプに書いてある暗証番号を、銀行のコンピュータに記録し、暗証番号の項目を0に書き換える機能。

つまり、磁気ストライプさえ分かってしまえば、暗証番号の項目を適当に埋めて、新しい項目を削ることにより、古い時代のカードの形式のニセカードが作れてしまう。それを銀行ATMで使う際、その適当に埋めた暗証番号を入力すれば使えてしまうのではないか、という話。

当然、チェック機能が入っていればそんなのは通さないんでしょうがね。

※上記記事はラジオライフ誌の受け売りであり、事実と異なる可能性がありますのでご注意下さい。

ついでに、例のゴルフ場の件、
ロッカーの暗証番号が数字4桁なのがまずかった気がしますね。これが数字3桁とか5桁だったらキャッシュカードの暗証番号と同じにする人は少なかった気がします。
暗証番号ならなんでもかんでも数字4桁ってのはバカの一つ覚えみたいな気がしますね。

|

« [w]700iのライバルは900i? | Main | [w]あの関口ジュニアがまた旅に!「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 暗証番号いらずでキャッシュカード偽造?:

» 偽造カード被害、銀行が補償? [ザ・2番煎じ]
全国銀行協会は22日、偽造カードの被害について、預金者に落ち度がなかった場合は原則として銀行が補償することとし、各行の約款(やっかん、いわゆる規約というもの)の... [Read More]

Tracked on 2005.03.22 20:12

« [w]700iのライバルは900i? | Main | [w]あの関口ジュニアがまた旅に!「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」 »