« 東北6県のNHK地上波デジタルが2005年12月から開始 | Main | エマ映画主演 »

2004.09.22

昔のCM10万本が廃棄の危機

昔のCM10万本、廃棄の危機 保管コストかさむasahi.com)(Via ぴっくあっぷ

戦後のテレビ史を彩ったCMのうち、85年以前の原版のほとんどが捨てられ始めている。多ければ約10万本に達する。廃棄対象は、フィルムや旧式ビデオのもので、保管やデジタル化のコストがかさむのが主な理由だ。

ひょぇ~。

広告主などから要望があったものは残すが、それ以外は7月から制作会社が廃棄を始めた。

ってもう捨てられ始めてますか?拾いにいきてぇ・・・

JACの杉本誠事務局長は「有名CMはすでに保存されている」と話すが、全国広告関連労働組合協議会の藤井勝敏事務局長は「無名なCMでも、産業の変遷など時代がうかがえる。工夫すれば視聴も可能。『CMアーカイブ』作りを訴えたい」という。

個人的には藤井氏に激しく同意。前にホームページ移行のエントリでも書きましたが、どんな無名な文章、無名なCMでも価値があるんですよね。

この話は後でもう少し詳しく書きたいと思う。

|

« 東北6県のNHK地上波デジタルが2005年12月から開始 | Main | エマ映画主演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昔のCM10万本が廃棄の危機:

« 東北6県のNHK地上波デジタルが2005年12月から開始 | Main | エマ映画主演 »