« もうずっと人大杉 | Main | 社長もお詫び。 »

2004.06.17

中華 なにわ 洋食

堂本剛の正直しんどいで出ていたお店。正確には「中華 洋食 なにわ」らしい。

gaden.jp

見た目ただの小汚い定食屋にしか見えない。しかしながらマスターはホテルオークラで20年勤めていたという名シェフ。「中華」と「洋食」のダブル看板を持っているのは、親父さんがやっていた中華料理屋を継いだためだという。

その見た目と味のギャップから、そこそこ知られた店らしく、テレビや雑誌でも取り上げられているらしい。

正直しんどいでは、居間に上げられ、空きペットボトルに入れられたドレッシングに驚き、しかしながらそこで食べるフルコース料理の美味さに驚いていました。

なんかこういう店すげぇ好きだなぁ。香川のうどん屋に通じるものがあるかもしれん。
本気で一度行ってみたい。

|

« もうずっと人大杉 | Main | 社長もお詫び。 »

Comments

 2004年11月11日の夜に「なにわ」を訪れた。
その感想はがっかりであり、むかつくものであった。
その1,店が古るい許せるが、汚いのは許せない。自分は奥の座敷で食べたが、左奥に万年布団が丸見えでとても食事をする環境ではない。
その2,サービスゼロの店である店に入っても客に「いらっしゃい」の声もなく、水のサービスもなく、何にしますかの伺いもない。
その3,料理がひどい、シチュー(2000円)を頼んだが、出てきた料理は肉の周りは真っ黒焦げのばさばさ肉と脂身だらけの肉で、お世辞にも旨いとは言えものであった。
マスコミに取り上げられて天狗になっているのか、客にお金を出して貰って料理を食べてもらうとはどの様なことか、サービスとは?なにか。何か勘違いをしているとしか思えないお店である。
これはマスコミにも責任があるが、第一には本人たちの自覚の問題である。


視に小いのは野は

Posted by: | 2004.11.11 21:27

なにわ楽しめました。
東京の洋食屋はかなり行っていますが、
清潔でサービスが良いところはたくさんありますが、
あえて汚いままにしているところに非日常を感じました。


店員のお姉さんのやる気のなさも、演出だと思えるほど店にマッチしています。
きれいにしてしまえば、何の面白みも無い店になってしまうので、
これからも、このままでいてほしいですね。

味のことですが、
店構えがどう見ても旨いものをだしそうにないので、
普通の味でも逆においしく感じられるのでしょう。
サラダ○
シチュー△
かきふらい○
若鶏とまと煮△
ライス×
コーヒー×

細かい事に気にするタイプの人は行かないほうがいいですね。
あと、おしゃれなカップルもいかがなものかと・・・

Posted by: | 2005.03.12 23:02

幾度か行った。
気の毒な店である。
オークラも泣いているでしょう。
不味くはない。高くもない。レシピはきちんと守られている。
勿論有り難がるほど美味くは無い。
しかし、料理人としての心が既に死んでいる。
「早苗ー!」ってか?愚か者同士が反目し合っている。
客の前で怒鳴るな!食事を提供して生業とする資格無し。
面白がって行くのも良し。
人とは違う切り口で誉めるも良し。
只一言。くだらん店だ。
お仕舞い。

Posted by: 似非常連 | 2005.11.27 19:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中華 なにわ 洋食:

« もうずっと人大杉 | Main | 社長もお詫び。 »